2018/06/01 18:15

中村雅俊「半分、青い。」でサザンの「真夏の果実」を熱唱した裏事情

 6月1日に放送されたNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」で、ヒロイン鈴愛(永野芽郁)の祖父・仙吉(中村雅俊)が、サザンオールスターズの「真夏の果実」を突然弾き語りするシーンが登場して、朝ドラファンの間でも衝撃が走った。

「鈴愛の弟・草太と2人きりの夜を過ごすことになった仙吉は、まず草太が生まれた年に流行ったガロの『学生街の喫茶店』を懐かしそうに弾き語りで歌います。嬉しくなった草太は、『じいちゃんが僕くらいの時の青春の歌うたってよ、聞きたい』とリクエスト。ところが仙吉は、『おじいちゃんの青春時代の歌は、ロクなもんなかった。軍歌とか』と言って肩を落とします」(テレビ誌記者)

 そこで亡くなった仙吉の妻・廉子(風吹ジュン)のナレーションで、兵隊として満州に渡り、終戦後なんとか生きて日本に帰り着いたという、仙吉の今までに語られたことのなかった過去が明らかになる。その後、物思いに耽る仙吉が、突然「サザン歌おうか」と言って弾き語りで歌い始めたのが「真夏の果実」という訳だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >