2018/06/10 18:15

安室奈美恵、最終公演直後に地元・沖縄で「バカ売れ」しているモノとは?

 6月7日、安室奈美恵のベスト盤「Finally」がビルボードジャパンの「2018年上半期チャート」の総合アルバム部門の1位に輝いたことが明らかになった。

「CDの推定売上枚数は、ダブルミリオンを突破。昨年の『総合イヤーエンド・チャート』でも首位を獲得。下半期も好調を維持し、2年連続で首位を獲得すれば、ビルボードジャパン史上初の快挙になります」(音楽誌ライター)

 引退にともない行われたラストツアー「namie amuro Final Tour2018~Finally~」も3日に行われた東京ドーム公演で最後を迎え、国内ソロ歌手としては史上最多と言われる1ツアー「約75万人」の動員記録を樹立して有終の美を飾った。

 そんな中、安室の地元である沖縄では、あるものが爆発的に売れ、話題を呼んでいる。

「6月6日付発行の沖縄の地元紙『琉球新報』を求めて県内外から購入希望者が殺到。6日時点でも申し込み希望者が3万部に迫る勢い。読者やファンからは『安室さんの多大な足跡をたどれる』『沖縄県民の誇り!同じ沖縄県民でよかった!』『私は東京からですが、こんなに沖縄が近く感じられたことはありません』といった声がネット上にも躍っています」(前出・音楽誌ライター)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >