2018/07/03 07:15

イラストレーターは漫画家より下?「半分、青い。」の展開に批判殺到!

 永野芽郁主演の連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK)。6月18日から23日に放送された第12週の平均視聴率は21.6%と、これまでの最高視聴率を更新した。

 数字だけを見れば文句の付けようがないと言いたいところだが、6月28日放送のストーリーには視聴者からの批判の声があがったのだという。

 漫画家を目指していた主人公・鈴愛(永野)が創作に行き詰まり、イラストのアルバイトで収入を得ていたところ、幼なじみの律(佐藤健)からハガキが届く。そこには、律と女性の姿があり、結婚の報告だったという展開だった。

「ドラマの序盤で亡くなった、風吹ジュン演じる鈴愛の祖母がナレーションを務めているのですが、あたかもイラストの仕事が漫画家の仕事よりも下であるかのような表現をしたのです。また、律からのハガキを見て、会ったこともないお嫁さんに対して“地味な人”、傷心の男を外堀から埋めて結婚に追い込む“いつの間にか婚”などと憶測で言葉が飛び交う場面に不快になった人が続出しました」(テレビ誌ライター)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >