2019/09/23 10:15

大橋未歩、脳梗塞の経験を告白するも伏せられた“あのこと”

 元テレビ東京アナウンサーで現在はフリーアナウンサーとして活動する大橋未歩が、読売新聞社の医療・介護・健康情報サイト「yomiDr.」のインタビューを受け、13年に発症した脳梗塞について語っている。

 9月15日に配信された同記事で大橋は「脳梗塞のとき、15分間ぐらいでしたけど、半身まひの状態になって、ろれつも回らなくなりました。『これは、たぶん脳だろうな』と思って、『もしかしたら…』と」と、脳梗塞の療養期間中に死を身近に感じたことがあったことを告白。

 また、そういった経験もあったことで、アナウンサーとして悔いなく、自分の言葉で何を残すのかを意識するようになったといい、台本通りではなく、アドリブでコメントすることも増えたことを明かしている。その他にも脳梗塞を発症したことでパラリンピックに関心を持ったことや、その後の人間性に変化が出たことなどについても言及している。

 しかし、同ニュースのコメント欄を見てみると、今回の記事で大橋が言及していない部分への指摘ばかりが見られている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >