2019/10/15 10:15

嵐、レコード会社から“見限られた”あの日からのV字回復!

 嵐がハワイでデビュー記者会見を開いたのは、99年9月15日のこと。21年目に突入した今年、初のオールタイムベストアルバム「5×20 All the BEST!! 1999-2019」をリリースし、ダブルミリオンを突破した。令和初にして、ジャニーズアーティストのアルバムで初の金字塔を打ち立てた。

 9月11日には「日本テレビ系ラグビー2019 イメージソング」に起用されている最新シングル「BRAVE」が発売。10月16日には20周年記念ビデオ・クリップ集「5×20 All the BEST!! CLIPS 1999-2019」がリリースされるため、活動を休止する20年の大みそかまで、まだまだその勢いは続きそうだ。

 名実ともに音楽界のトップで燦然と輝く嵐。しかし、デビューからおよそ2年は苦境が続いた。レコード会社から契約を打ち切られる不測の事態に直面したこともあったという。

「デビュー曲『A・RA・SHI』はヒットしましたが、2枚目の『SUNRISE日本』以降は、苦しいセールスでした。当時のジャニーズ事務所には、頂点にSMAPがいて、V6、TOKIO、KinKi Kidsがいた。下からは、山下智久らを中心としたNEWS(当時)が突き上げてきた。スタートダッシュがすさまじかった嵐に、ポニーキャニオンは過度な期待を寄せたのです。徐々にジャニーズと意志の疎通が図れなくなり、袂を分かちました」(音楽関係者)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >