2017/03/31 17:15

ASKAは偉大なる前衛アーティスト!『700番』を正しく読み解くための手引き

いまだスッキリしないASKA騒動

 2014年に覚せい剤取締法違反で逮捕されて以来、なにかと騒動を起こし続けているミュージシャンのASKA。とくに昨年末の再逮捕から不起訴釈放へと至る経緯をめぐっては、ワイドショーなどでも多く取り上げられ波紋を呼んだ。

 今年の2月、3月に立て続けに出版された『700番』シリーズ(扶桑社)は、そうした一連の経緯について、ASKA自身がその真相を告白したというものである。

 本には騒動の核心部分についてがこと細かに記されており、それはそれでとても興味深い…のだが、しかし、読み終えてもやはりまだ腑に落ちない点が残る。言ってしまえば、ASKAが書いたことが現実なのかどうか、いまだ確たる証拠が得れずモヤモヤしてしまうのだ。おそらく、今なおこうしたモヤモヤを抱えている方は少なくないのではないだろうか。

現実? 妄想? 二者択一の罠

 一方、ASKAの書いたことが客観的な現実に対応しているかどうかなんて、実はどうでもいいことなのではないか、と指摘する人もいる。作家の石丸元章である。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >