2018/12/26 17:00

凄惨な誘拐事件と、少年少女の小さな恋 「シシリアン・ゴースト・ストーリー」を採点!

©2017 INDIGO FILM CRISTALDI PICS MACT PRODUCTIONS JPG FILMS VENTURA FILM
©2017 INDIGO FILM CRISTALDI PICS MACT PRODUCTIONS JPG FILMS VENTURA FILM

〈あらすじ〉

シチリアの小さな村に暮らす13歳のルナ(ユリア・イェドリコヴスカ)は、同級生のジュゼッペ(ガエターノ・フェルナンデス)にラブレターを渡し、二人は初めての口づけを交わす。その直後、ジュゼッペは行方不明となるが、彼の家族は沈黙を貫いたままだった。数カ月後、ジュゼッペがマフィアに誘拐されたことが明らかになる。長期化する監禁生活に、心身ともに疲弊していくジュゼッペにとって、唯一の拠り所となったのは、ルナから受け取った手紙だった。ジュゼッペを探し続けるルナは、暗い湖を通り抜けた先の世界で、ジュゼッペと再会を果たす。

〈解説〉

1993年にシチリアで実際に起きた誘拐事件をもとにした、少年少女の幻想的なラブストーリー。脚本と監督は『狼は暗闇の天使』で知られる、同地出身のファビオ・グラッサドニアとアントニオ・ピアッツァ。123分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆実話をもとにしたというが途中から幻想的方向へ。風土感とあいまって「神かくし」的感触あり、実話のままのほうが。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆むごたらしい話を少しでも鎮魂したかったのだろうが、超自然的な描写になると画面が重くなる。嫋々とした音楽も疑問。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆誰もが口をつぐむ悪。身の毛もよだつ実話に震え上がった。実在しない少女の怒りと悲しみに共感しつつ己を振り返る。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆凄惨な事件と小さな恋の悲愴美。だが話の強さほど狂おしく届かない。詩情の醸成と勿体ぶった語りの混同があるのでは。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆懐かしい初恋のプリズム。夢に向けられた眼差し。シチリアの風土を詩情豊かに活写。残酷な実話から昇華される願い。

INFORMATION

「シシリアン・ゴースト・ストーリー」(伊、仏、スイス)
12月22日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開
監督:ファビオ・グラッサドニア、アントニオ・ピアッツァ
出演:ユリア・イェドリコヴスカ、ガエターノ・フェルナンデス、ヴィンチェンツォ・アマート、サビーネ・ティモテオ ほか
http://sicilian-movie.com/

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年12月27日号)



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >