2019/01/16 16:00

深田恭子“新恋人”が語る二度の離婚

「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)で主演を務める深田恭子 ©共同通信社
「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)で主演を務める深田恭子 ©共同通信社

 1月7日、「スポーツニッポン」のスクープによって明らかとなった女優・深田恭子(36)の真剣交際。お相手として報じられたのは、年商200億円を超える不動産会社「シーラホールディングス」会長・杉本宏之氏(41)だ。

 同紙は、昨年11月頃に2人が知り合ったこと、正月には双方の実家へ挨拶を済ませたことなどを詳報。「ZOZOTOWN」の前澤友作氏(43)と剛力彩芽(26)、「SHOWROOM」の前田裕二社長(31)と石原さとみ(32)の交際につづく、経営者と女優の大型カップルとして注目を集めていた。

 関係者によれば、杉本氏には二度の離婚歴があり、最初の妻との間には子供もいるという。

「1度目の結婚は2005年のこと。年下の一般女性との間に女児が生まれたが、約3年後に妻側が離婚を申し出たのです」

 2011年に再婚。お相手は、韓国人女優だった。

「韓国では視聴率30%超を記録した連続ドラマに主演しています。結婚当初は、仲睦まじい夫婦でしたが、数年後には杉本氏の浮気を疑うようになり、社員に探りの電話を入れていたこともありました」(夫婦を知る知人)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >