2019/04/28 11:00

『希望の灯り』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

© 2018 Sommerhaus Filmproduktion GmbH
© 2018 Sommerhaus Filmproduktion GmbH

 外国の映画を観るのが大好き。この作品がなかったら一生知らなかっただろうな、ということがたくさんある。『小さな中国のお針子』では、文化大革命下の若者たちを垣間見たし、『青いパパイヤの香り』では、ベトナムの少女料理人の包丁さばきにうっとりした。歴史の授業ではなかなか覚えられなかった世界の近代史も、脳内で映画とセットになってるところだけは、ドラマチックにちゃんと記憶している。

 さて、この映画は、旧東ドイツのある町を舞台にした、一人の青年の美しくも静謐な成長物語なのだ。

 主人公は二七歳のクリスティアン。無口だが心は詩情であふれている。元不良で、腕に入っているタトゥをシャツを引っ張って隠し……ても隠しきれないまま、畑の真ん中に建つ巨大スーパーマーケットで働き始めたところ。

 五〇代の先輩ブルーノに作業を教わるうち、疑似父子関係のような絆を感じるようになる。また、お菓子売り場で働く年上の人妻マリオンには密かな恋心を抱くように。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >