2019/06/25 17:00

反体制の「正義」の矛盾をあぶりだした山本薩夫!――春日太一の木曜邦画劇場

1969年作品(102分)/KADOKAWA/2500円(税抜)
1969年作品(102分)/KADOKAWA/2500円(税抜)

 高校時代の下校時によく立ち寄った高田馬場のレンタルビデオ店の話を少し前に紹介した。その店はこだわりのラインナップを取り揃えており、なかなかにマニアックな作品に出会うことができた。

 この店の日本映画のスペースは旧作も充実していたのだが、その中で独立したコーナーを設けられていた監督は、一人だけだった。それは黒澤明でも小津安二郎でもなく――なぜか、山本薩夫だった。

 作風は一貫して反体制。だからといって思想信条を前面に出すような作り方はしなかった。観客を楽しませることを第一とし、背景に批判精神を巧みに盛り込んだのだ。

 そのため、左翼系の監督では珍しく、『白い巨塔』『忍びの者』『戦争と人間』『華麗なる一族』――と、メジャー会社の大作映画も数多く撮っていた。そんな魅力を、高田馬場のレンタル店で教わった。

 今回取り上げる『天狗党』も、山本薩夫らしい作品といえる。ビデオがあまり出回っていない上に名画座でかかる機会も少なかったため、当時は観ることができないでいた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >