2019/06/30 11:00

『嵐電』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

© Migrant Birds / Omuro / Kyoto University of Art and Design
© Migrant Birds / Omuro / Kyoto University of Art and Design

 忙しい時、夜眠ると、悪夢を見る。これまで見た中で最も恐ろしかったのは、「亀を飼ったことを忘れる」という夢だった。自宅でくつろいでいて、ふと思いだすのだ。半年前に亀を飼い始め、すぐ忘れたことを……。水槽はすぐ後ろの棚に乗っている。わたしは、ゆっくり、振り……返り……。ギャ――!?

 怖すぎて、意志の力で起きてしまった。

 暴力を受ける、命の危険がある、騙されるなど、恐怖にはいろんな原因がある。でも中でも、“大事なことを忘れてしまう”のは、かなり寒気を伴う恐怖だと思うのだ。

 さて。この映画は、京都を走る路面電車、嵐電(らんでん)を舞台にした、“忘れる”がテーマの怪奇風味な群像劇なのだ。

 京都の西を走る昔ながらの嵐電には、地元民、太秦撮影所の映画業界人、観光客など、様々な人が乗っては降りていく。そんな嵐電には、実は都市伝説がある。“狐の車掌と狸の駅員がいる車両に相思相愛の人と乗ると、大事な時間のことを忘れてしまう”――。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >