2019/07/09 17:00

つかこうへいへの献身の姿勢が産んだ迫真演技!――春日太一の木曜邦画劇場

1982年作品(108分)/松竹/2800円(税抜)/レンタルあり
1982年作品(108分)/松竹/2800円(税抜)/レンタルあり

 今回は『蒲田行進曲』を取り上げる。本作の原作者・つかこうへいの劇団出身で、主人公の「ヤス」を演じた平田満に少し前にインタビューさせていただく機会があった。その際、お話をうかがいながら、「あること」に思い当った。

 舞台は、時代劇映画が華やかなりし時代の撮影所。人気が落ち目になりつつあるスター「銀ちゃん」こと銀四郎(風間杜夫)と、銀ちゃんに絶対的な忠誠を尽くす売れない大部屋俳優のヤス(平田)、そして女優の小夏(松坂慶子)の三人を軸に物語は進む。

 銀ちゃんはスターとしての勝負をかけ、新選組映画の主演に挑むことに。が、その最中に恋人の小夏が妊娠していると知る。会社に売り出してもらうためには身辺整理が必要と考えた銀ちゃんは、小夏をヤスに無理やり押しつける。小夏のファンであったヤスは喜ぶが、小夏は当初は嫌がる。

 銀ちゃんのため、小夏のため、ヤスは我が身を慮(おもんぱか)ることなく身体を張った危険な撮影に次々と挑んでいく。ここでの平田が実に素敵だ。それは飼い主のために必死になる忠犬のようであり、なんとも可愛らしく、そして切なかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >