2019/07/11 17:00

男性の体で生まれた15歳“少女”の苦しみと成長

ルーカス・ドン監督
ルーカス・ドン監督

 男性の体で生まれた15歳の少女ララは、家族の支えと血の滲(にじ)むような努力でバレエ難関学校に入学する。だが理想の“少女”像を追い求めるララは、クラスメイトの嫉妬や嫌がらせにより心身ともに追い詰められていく――。

 28歳の俊英、ルーカス・ドンによる映画『Girl/ガール』がカンヌ他各地で話題を攫(さら)っている。主人公ララのモデルは、実際にベルギーでバレリーナを目指していたトランスジェンダーの少女ノラ。当時18歳のドン監督は、新聞記事で知ったノラの半生に感動し、いつか映画にしようと決意した。

「ノラのドキュメンタリーや伝記にはしたくなかった。描きたかったのは、誰もが思春期で体験する、自己イメージと現実との間で引き裂かれる苦しみと成長の物語です」

 ノラも脚本執筆時から関わっていたが、当初は名前を表に出すことを躊躇していた。

「映画の完成と共に、彼女も自分のアイデンティティと折り合いをつけていったようです。自分の物語を伝えることに誇りを持ち、もう陰にいるのはやめようと決めたんです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >