2019/08/03 11:00

「ネットで共感される人ばかり書くのは抵抗がある」——脚本家・岡田惠和が語るドラマづくり

岡田惠和さん
岡田惠和さん

「最後から二番目の恋」や連続テレビ小説「ひよっこ」など、数々の話題のドラマを生み続けている脚本家の岡田惠和さん。最新作、WOWOW の「連続ドラマW そして、生きる」は、有村架純と坂口健太郎が主演のヒューマンドラマ。東日本大震災の気仙沼でのボランティア活動をきっかけに、交差する男女。人生のままならなさをリアルに、深く切り込んだ意欲作である。最新作の話を中心に、ドラマ作りについて語ってもらった。

◆ ◆ ◆

「震災とはずっと距離を置いていました」

――「連続ドラマW そして、生きる」は、何を描きたいとまず思われたのですか?

岡田 僕はいつもテーマからは入りませんが、有村架純さんとは何作もご一緒しているので、一段深いところを描いてみたいという思いがまずありました。そこから、有村さんと坂口健太郎くんで人間ドラマを書きたいと思い、彼らがどんな経験をした世代なのかを年表を作って調べてみたところ、一番繊細な時期に震災が起きていた。そこで、大人になる手前、どう生きていくかを考える時期にボランティアとして集い、濃密な時間を共に過ごした二人の出会いを書いてみたいと思ったんです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >