2019/08/22 11:00

世界を発情させた「死の天使」は大のポケモンファン──“南米のディカプリオ”ロレンソ・フェロインタビュー

ロレンソ・フェロ
ロレンソ・フェロ

 1971年、天使の顔をした17歳の連続殺人犯に世界は発情した──。

 実際の事件をもとにし、2018年アルゼンチンでNO.1ヒットを記録した映画『永遠に僕のもの』が公開中だ。中でもSNSなどで人気沸騰中なのが、主人公を演じた“南米のディカプリオ”ロレンソ・フェロである。

「アルゼンチンに実在した凶悪犯だと、頭では何度も反芻しながらも、心はロレンソ・フェロ演じる“黒い天使”の猛毒(フェロ・モン)に引き寄せられ、ついには魅了されてしまう」(小島秀夫/ゲームクリエイター)、「少年の顔は、1度見たら忘れられない」(鈴木敏夫/スタジオジブリプロデューサー)と映画界の大御所たちもその魅力に太鼓判を押す。

『永遠に僕のもの』は第71回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」へ正式出品され、第91回アカデミー賞外国語映画賞アルゼンチン代表作品にも選出されたが、ラップシンガーとして活躍していたフェロはこれが初主演作。

 実は、フェロはインスタグラムのアイコンをポケモンのミュウツーにするほどゲームが大好き。来日時には自前のマリオTシャツを持参し、根っからのアーティスト気質なのか、インタビューの合間も隙あらば紙にイラストを落書きしていた(これがまた上手い!)。そんなフェロに話を聞いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >