2019/09/01 11:00

『ドッグマン』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

 マルチェロは善良な人なので、シモーネが怪我をすれば治療してやるし、自分が警察に捕まってしまっても、悪友を売ることができず罪を被ったりする。でもその時々の優しい選択が、最終的に共同体にどんな迷惑をかけることになるのか、という“トータルの計算”ができない。結果、彼自身は悪いことをしてないのに、いわゆる“空気が読めない”という形の掟破りをしたと見なされ、つまはじきにされてしまう。生きる縁(よすが)の群れを失ったマルチェロは……?

 衝撃と静寂のラストシーンの空気をまとって、呆然と帰宅しました。犬はこの夜も、わたしのほうを黙ってじーっと見続けていました。

INFORMATION

『ドッグマン』
ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて上映中
http://dogman-movie.jp/

(桜庭 一樹/週刊文春 2019年9月5日号)



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >