楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/25 05:30

“余命3カ月宣告”から3年 大林宣彦81歳が今も映画を撮り続けている理由

 ただ、大林監督は「闘病の話をするのはやめようと思っていた」と明かす。

余命宣告を超えて生きている意味

「僕はツイてるから余命宣告を超えて生きているだけだと。ところが主治医からこんな話をされたんです。アメリカで、何があっても楽天的な患者と不幸だと考える患者を集めて、どちらに薬が効くかを研究したら、楽天的な患者の方が効いたというんですね。で、先生がこう言いました。

『がんで亡くなる日本人の多くは、もう助からないと自分で決めてしまう。助かると自分で信じられたら薬も寄り添ってくれます。だから監督のような人は、抗がん剤を飲み、実際に余命宣告を超えて生きていらっしゃるんですから、その体験を世間に公表して下さることが医学にとってもありがたいことです』

 そう勧められたので、『わかった、それじゃあやりましょうか』と心を決めたわけです」

「文藝春秋」10月号 では、大林監督が、余命3カ月宣告を受けてからの治療の経緯、がんになったことで起きた体の変化、良い患者に徹するという主治医との付き合い方、そして、これからも映画を撮り続けたい理由などについて8ページにわたって語っている。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2019年10月号)



【関連ニュース】
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >