2019/10/04 17:00

信仰のあり方を問う、若い僧侶たちの成長譚――富田克也監督インタビュー

©山口貴裕
©山口貴裕

 山梨県甲府市に生きる移民たちの苛酷な現状を描いた『サウダーヂ』。タイの歓楽街で働く娼婦たちと作りあげた『バンコクナイツ』。急激に変容する現実社会からフィクションを立ち上げ、実際の生活者と共に刺激的な映画作りを続けてきた富田克也監督と映像制作集団「空族」。10月14日から公開される新作『典座―TENZO―』は、仏教の曹洞宗をテーマにしたドキュメンタリーであり現実から生まれたフィクション。今年のカンヌ映画祭にも出品された。

 「典座」とは、禅宗の寺院で食事を司る役職を指す。映画は、調理や食事も重要な修行だとする曹洞宗の教えを説きながら、山梨の耕雲院の副住職をつとめる河口智賢とその家族をめぐる物語と、福島で被災し寺も檀家も失った兄弟子、倉島隆行の物語を並行して描く。そしてこの二つの物語の合間に、尼僧・青山俊董老師との対話が挟み込まれる。なぜ僧侶たちと映画を撮ったのか、どのように撮影は行われていったのか、富田克也監督に、新作『典座』についてお話をうかがった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >