2019/10/21 11:00

スパイク・リーに絶賛されたベトナム人監督「人生を賭けて女性についての映画を作っていきたい」

アッシュ・メイフェア監督
アッシュ・メイフェア監督

 近年、映画界では若手女性監督の活躍が目覚ましい。とはいえ日本を始めアジア圏における女性監督たちは未だごく少数派。だからこそ彼女たちは自分の性別と真摯に向き合い、女性たちのための映画を作ろうと闘い続けている。

 現在公開中の映画『第三夫人と髪飾り』の監督アッシュ・メイフェアも、今後の活躍が期待される若手女性監督の一人。13歳までベトナムで育った彼女はロンドンで文学を学んだ後ニューヨーク大学で本作の脚本を書きスパイク・リーから絶賛を受ける。その後同郷の先輩トラン・アン・ユン監督の協力を得、数年をかけて初長編を完成させた。映画の舞台は19世紀の北ベトナム。富豪の家に第三夫人として嫁いだ14歳の少女メイの成長の旅路が、生々しくも切実に描かれる。

「ここで描かれる出来事はどれも実際に存在する人々の体験に触発されて作り出したもの。私の曾祖母は、メイと同じ14歳で、すでに何人も妻のいる人と親の言いつけで結婚し、祖母もまた家同士が決めた相手と不幸な結婚生活を送りました。劇中で第一夫人を襲う悲劇は私の母がかつて経験したことですし、女中が語る過去の物語は私の乳母の話が発想源。メイが第二夫人に対して抱く感情は私自身の経験に基づいています」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >