楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/03 11:00

強盗、殺人、薬物、売春……様々な罪で捕まった少女たちの現実

メヘルダード・オスコウイ監督
メヘルダード・オスコウイ監督

 灰色の空の下、ヒジャブ姿の少女たちが雪遊びに興じている。その様子は学校の昼休みのよう。だがここにいるのはみな、強盗、殺人、薬物、売春など、様々な罪で捕まった少女たちだ。

 11月2日公開の映画「少女は夜明けに夢をみる」は、イランの国営少女更生施設を描いたドキュメンタリー映画。監督は、イランを代表するドキュメンタリー作家のメヘルダード・オスコウイ。更生施設で暮らす少女たちの多くは、家庭で虐待を受けるなど不幸な過去を抱えている。少女たちは、自分が犯罪を犯した理由と経緯をカメラの前で語る。その声を聞きながら、彼女らが生きる残酷な現実に胸を打たれる。一方で、時に涙を流し、時には笑いながらあけすけに語る様にも驚かされた。

「ドキュメンタリーを撮る際に重要なのは取材対象とどう信頼関係を築くか。私はまず彼女たちに自分をさらけ出しました。どういう人生を歩んできたのか、どんな家族がいるのか、すべてを話し、聞きたいことがあればなんでも聞くように伝えました。やがてこの人になら話をしても大丈夫だという信頼感が彼女たちに生まれ、そこで初めて撮影を始めます。そのときにはもう彼女たちはカメラの存在をすっかり忘れていました。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >