2019/11/02 11:00

病や死と向き合い……看護学生のドキュメンタリーは何にカメラを回さなかったか

ニコラ・フィリベール監督
ニコラ・フィリベール監督

『ぼくの好きな先生』『音のない世界で』など数々の傑作ドキュメンタリーを手がけてきたフランスの名匠ニコラ・フィリベール。小さな声に耳を傾け、多様な人々の日常に寄り添い続けてきた監督の最新作『人生、ただいま修行中』が11月1日より公開される。カメラを向けたのは、パリ郊外、モントルイユのクロワ・サンシモン看護学校。2016年に塞栓症で救急救命室に運ばれ、数週間の入院生活を送ることになった監督の実体験がきっかけで誕生したという本作。人種や宗教も様々な看護師の卵たちの奮闘ぶりが丁寧に描かれる。

「修業の場は映画を撮るには最適な場所です。何かを学ぶ人たちはみな自信がなく不安定。揺れ動く感情が存在する場には、感動的な場面が豊かに現れるもの。それに学校を舞台にすることで、観客にも看護という職を学ぶ大切さをわかってもらえますから」

 映画は3部構成。学校での実習、病院での研修、指導官との面談の様子が映される。

「実習では人形を相手に採血や注射の練習をしていた学生が、病院での研修で現実の患者さんを相手にする。フィクションの次元から現実の空間に放り込まれるわけです。1日に何軒もの病院を回り素早く撮影するのに苦労しましたが、患者にとっては退屈な入院生活のいい気晴らしになったようで撮影を楽しんでもらえました。撮影チームとの間に共犯関係のような絆が生まれる瞬間もありました。学生たちはみんなにじっと見られて緊張していましたけどね」

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >