楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/03 11:00

『イエスタデイ』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

©Universal Pictures
©Universal Pictures

 この世界には、神話だったり民話だったりと、様々な物語が存在する。どこかに“物語の源泉”があり、映画製作者、小説家、吟遊詩人は、憑代(よりしろ)となって源泉から物語をおろすという職業である。時に、異なる時代の異なる国にそっくりなお話が残っていたりするのは、そのせいなのだ。

 と、昔からそんなふうに考えていたので、ある日、自分が小説の大きな賞をもらい、人を殺した犯人ぐらいの勢いでわーっとテレビカメラに囲まれた時、「大変なことになった……」と恐怖を感じた。あれは誰のものでもない源泉から持ちだした物語で、わたし一人の物じゃないのに、と。

 この映画を観て、あのときの自分の気持ち、極めて特殊な事態で感じた混乱を、久々に思いだしました。

 舞台はイギリスのとある田舎町。売れないシンガーソングライターのジャックは、ある日とんでもないことに気づく。世界から突然ビートルズが消えてしまったのだ。「イエスタデイ」も「レット・イット・ビー」も、誰も知らない。聴いたことない。ジャックはあわてて、記憶を元に名曲の数々を蘇らせ、ギターを抱え、歌い始める。するとたちまち新世代のスターとして注目され、デビューイベントには大勢の観客が押し寄せた。ジャックはたまらず、歌いながら悲鳴を上げる。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >