楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/04 11:00

排水溝から、朽ちた冷蔵庫から殺人ピエロが……映画『IT/イット THE END』怖いのに感動してしまう“2つの理由”

罪悪感や劣等感を“絶対的恐怖”へと転化する

 原作はスティーヴン・キングが1986年に発表した「IT(イット)」。キングといえば、やはり映画にもなった「キャリー」、「シャイニング」、「ミザリー」などで知られるベストセラー作家である。“モダン・ホラーの帝王”の異名を持つ彼の代表作を映画化しただけに夢に出てきそうなゾッとする場面がベルトコンベア状態なのだが、それらを引き起こす存在がペニーワイズ。米メイン州の小さな町デリーに27年周期で出現しては、次々と子供の命を奪っていく殺人ピエロだ。

 排水溝の中からヌッと顔を覗かせ、グシャグシャに折りたたまれた状態で朽ちた冷蔵庫から這い出し、プロジェクターで投影された家族写真の母親からピエロ姿へと変貌してスクリーンから飛び出すといった具合に、時間も場所も選ばずに襲いかかってくる神出鬼没ぶり、肉体を“大小伸縮”させてあらゆるものに姿を変える変幻自在ぶりには劇中の子供たちと同じように逃げ場はないと感じてしまう。しかし、彼の恐ろしさの本質は、狙いを定めた子供が抱く“傷”と“負”を利用する狡猾さにある。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >