2017/02/28 17:00

時代に流されぬ男らしさ“松方イズム”の真骨頂!

1984年作品(122分)/東映/2800円(税抜)/レンタルあり
1984年作品(122分)/東映/2800円(税抜)/レンタルあり

 松方弘樹は一九七〇年代に数々のやくざ映画に主演、本連載でも多く取り上げてきた。

 だが、当人にインタビューをさせていただくと、「主演俳優として一本立ちできた」のはその時期ではないという。

 では、彼の中でそれがいつなのかというと、やくざ映画量産期からだいぶ経った一九八四年の『修羅の群れ』まで待たなければならない。

 松方にとって、同じやくざ映画でも大作で看板を張って大勢の観客を劇場にいれて初めてスターとして一人前――そうした意識があったのだろう。関東の巨大組織・稲川会を率いる稲川聖城(劇中では稲原龍二)の半生を描いたこの大作映画で主人公を演じた時に、ようやく松方は「スターとしての一本立ち」を意識することができたのだった。

 松方の晴れ舞台を祝うかのように、錚々たる面々が顔を揃え、盛り立てる。鶴田浩二、若山富三郎、菅原文太、北大路欣也といった東映と縁深いスターたち、北島三郎と鳥羽一郎の演歌歌手、張本勲と小林繁のプロ野球OB――。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >