楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/24 11:00

『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

©Viacom 18 Motion Pictures ©Eros international all rights reserved
©Viacom 18 Motion Pictures ©Eros international all rights reserved

 わたしが子供のころは、NHKのEテレはまだ教育テレビという名前で、週末の午後にモノクロの名作映画を放送していた。ヒッチコック監督のスリラー作品、面白かったなぁ! いい人だけど、弱さもずるさもちょっとあるという、ごく普通の主人公が、極悪人の罠にかかって二転三転。最後に危機を脱する……。知的だがわかりやすいプロットで、観ても観ても飽きなかった。「昔はよかった」が口癖のクソババアになっちゃいけないけど、ヒッチコックはこうして隙を見て勧めたいものです……。

 さて、この映画は、盲目という触れ込みの男性ピアニストが、稀代の悪女に命を狙われながらも、歌いまくり弾きまくる、インド版“歌うヒッチコック”なのだ!

 アーカーシュは盲目のピアニストとしてクラブで職を得たが、実は目が見えるのを隠している。ある日、往年の映画スターの邸宅で演奏する仕事を引き受けたところ、なんと、ピアノを弾く彼の目の前には映画スターの無残な他殺体が! 犯人が殺人の隠匿作業を進める中、アーカーシュはあくまでも見えていないふりで演奏し続け、怯えきって帰宅する。だが犯人もアーカーシュの秘密に気づいてしまい……。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >