楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/01 11:00

『私のちいさなお葬式』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

©OOO《KinoKlaster》,2017r.
©OOO《KinoKlaster》,2017r.

 外国映画を観ていると、ラスト近くで主人公が湖や川に入り、妙にスッキリした顔で出てきて、そのままなんとなく終わる、ということが頻繁にある。長年、あれはなんだろうと思っていたが、実はキリスト教の“洗礼”のメタファーで、生まれ変わって新たな人生に踏みだすという意味らしい。また、ラストで主人公が両腕を広げて十字架のポーズで死ぬことがあるが、こちらはキリストの如く皆のための“犠牲”となったことを表す。これも、知らない間は、大の字で倒れたとしか見えていなかった。詳しい方から教えてもらって知ったのだが、こういう基本的に必要な情報は、どんどん共有していきたい……。

 さて、この映画は、自分のお葬式をプロデュースする老女と、振り回される中年の息子を描く、ロシア発のハートブレイクな人間ドラマなのだ。

 エレーナは田舎で一人暮らしをする元教師。一人息子のオレクは遠いモスクワで暮らすビジネスマン。ある日エレーナは、己の死期が近いことを知り、息子には任せられないと、“完璧なお葬式”の準備を始めた。亡き夫の隣に墓穴を掘らせ、棺桶も買い、なんと弔問客の料理まで……。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >