楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/15 06:00

「編集さんにもわからないように」こうの史代が語る『この世界の片隅に』にちりばめた“しかけ”

©2019こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会
©2019こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会

 映画「この世界の片隅に」に30分の新作映像を追加した「 この世界の(さらにいくつもの)片隅に 」が12月20日に公開となります。映画をより楽しむために『 この世界の片隅に こうの史代 片渕須直 対談集 』が発売されました。監督や作画スタッフがこだわり、苦労を重ねた“原作漫画のしかけ”についての対談を公開します。

◆◆◆

──こうの先生の原作漫画は、繰り返し読んでいると気づくような“しかけ”があります。「この人とこの人、同一人物だったの?」とか。ああいった“しかけ”は、どの段階で考えるんですか?

こうの あれはわりと最初から考えています。今日は双葉社の編集さんが会場に来ているので、ちょっと言いにくいんですけど(笑)。最初から気づくような描き方をすると、「もっとわかるように描かないとダメです」って言われるんです。やっぱり最初に雑誌に載るときは、そのマンガのおもしろいところは前面に出したいところですからね。でもそうすると、肝心のテーマとのバランスが崩れる場合があるんですよね。だから、わざと編集さんにもわからないように描いておくんです。あとあと読者が気づいてくれればそれはそれで楽しいかな、くらいに思っています。いま“しかけ”と言われたようなことは、スルーしてもらえるように描いているんです。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >