2017/03/14 17:00

加藤泰監督の鮮烈な演出 和楽一座の青春を刻印!

1981年作品(105分)/松竹/2800円(税抜)*ブルーレイは3300円(税抜)/レンタルあり
1981年作品(105分)/松竹/2800円(税抜)*ブルーレイは3300円(税抜)/レンタルあり

 昨年は、抒情的な演出で時代劇やヤクザ映画、ミステリーなど多岐にわたり活躍した加藤泰監督の生誕百年だった。

 それに合わせて松竹は、彼の監督作を五本まとめてブルーレイ化、馴染みのあるタイトルがラインナップされている中に、一本だけ聞き覚えのない作品が混ざり込んでいた。

 それが、今回取り上げる『ざ・鬼太鼓座』である。

 これは長年「幻の作品」とされてきた加藤泰の遺作。今回の生誕百年に合わせて松竹はデジタルリマスターしてソフト化、記念上映も行われた。

 そのため、筆者としてもこれが初見に当たる。この連載は「かつて観て印象的だった作品を、折を見て取り上げる」というのが基本線だったので、今回が初めての試みになる。

 本作は劇映画ではなくドキュメント作品だ。佐渡を拠点に活動する和楽器グループ「鬼太鼓座」の稽古、そして演奏をしていく様が画面に次々と映し出されていく。

 驚くのは、加藤泰がドキュメントとは思えないような様々な劇的な仕掛けを、「演出」として施していることだ。彼らの演奏自体にフォーカスを当てるように映し出していない場面が多々あるのである。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >