楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/07 22:00

AKB商法を逆手にとった「日向坂46偽造握手券」被害続出! 事件関係者が語る“犯人像と悪質手口”

日向坂46に改名した当時。左から佐々木美玲、齊藤京子、小坂菜緒、加藤史帆、柿崎芽実、佐々木久美 ©時事通信社
日向坂46に改名した当時。左から佐々木美玲、齊藤京子、小坂菜緒、加藤史帆、柿崎芽実、佐々木久美 ©時事通信社

 乃木坂46、欅坂46に続き3番目の坂道グループとして、2019年3月にデビューしたばかりの日向坂46。デビューから1年経たずして、今年大晦日の「第70回NHK紅白歌合戦」に出場することが決定している。だが、今年10月頃から日向坂46の「偽造握手券」がヤフーオークションやメルカリ上で出回り、ファンの間で詐欺被害が続出していることが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

「AKB商法を逆手に取った」犯罪

 そもそもなぜCDに付いている握手券がこれほど大量に出回るのか。これぞ、CD不況の時代にミリオンヒットを連発する「AKB商法」の副産物なのだ。

「AKB商法ではCDをたくさん売るために、握手券だけでなく、生写真がおまけとして付いています。この生写真を全種類コンプリートしたいというファンが少なからずいるのです。今回のケースで言えば、日向坂の18人のメンバーの生写真が各6パターン、つまり計108種類の生写真がランダムに封入されている。『生写真は欲しいが、握手券は不要』というファンも多いので、余った握手券がヤフオクやメルカリに流れるわけです」(スポーツ紙記者)

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >