楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/15 17:00

『カメラを止めるな!』の元祖、映画『ゾンビ』主演俳優が語った「社会のモラルが低下した時にゾンビは現れる」

ケン・フォリー
ケン・フォリー

 ジョージ・A・ロメロ監督が1978年に放った、ゾンビ・ムービーの金字塔『ゾンビ』。冒頭の惑星爆発シーン、タイプライターで打たれる形で死者の蘇る理由が説明されるテロップ、ショッキング・シーンの静止画&モノクロ処理……。1979年3月10日に劇場公開されたのは、日本の配給会社が編集を施した独自のバージョンだった。諸般の事情でプリントが破棄されて絶対に観られない“幻のバージョン”となった日本初公開版を極限まで再現した『 ゾンビ-日本初公開復元版- 』(現在公開中)の主演俳優ケン・フォリーとゲイラン・ロスが来日。ふたりにゾンビという恐怖の根源について話を聞いた。(聞き手・構成=平田裕介)

――ゾンビたちとの攻防にゲーム的興奮を覚える人が多いかと思いますが、やはり『ゾンビ』は恐怖を描いた物語であるはずです。作品を観た人々は、どのような部分に恐怖を感じると思いますか?

ケン・フォリー 視覚的に感じる恐怖という点で話をするならば、冒頭にアパートで女性がゾンビと化した夫に首を噛まれるシーンがあるよね。そこで恐ろしくなって映画館を去る人はそれで終わりだけど、そのシーンを乗り越えられたら最後まで観られる観客は多いんじゃないかな。あのシーンが『ゾンビ』を最後まで観られるかどうかの“恐怖の耐性テスト”だね。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭でばかり考えようとすると、本当のことがわからなくなりそう...もっと見る >