楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/17 17:00

コミカル芝居の天知茂が田宮二郎を引き締める!――春日太一の木曜邦画劇場

1965年作品(83分)/KADOKAWA/2500円(税抜)/レンタルあり
1965年作品(83分)/KADOKAWA/2500円(税抜)/レンタルあり

 二週にわたり天知茂の主演作品について取り上げており、基本的には暗黒を背負ったようなダークさが魅力という切り口で語っている。が、彼の魅力はそれだけではない。

 かつて、「犬」シリーズという風変わりな一連の現代劇映画があった。『宿無し犬』『早射ち犬』――と、タイトルに「犬」とつくためにそう呼ばれている。

 このシリーズ、いずれも田宮二郎が主演、キザで拳銃の名手の風来坊・鴨井大介を演じてきた。そして、もう一人レギュラーとしてシリーズの大半に登場しているのが、鴨井と腐れ縁の刑事・木村だ。

 木村は見るからにパッとしない風体とオンボロな身なりのため、鴨井からは「しょぼくれ」と呼ばれている。そして、この「しょぼくれ」を演じたのが、天知茂であった。

 あのダークな天知が貧しい感じの役を演じるとなると、陰気すぎて「しょぼくれ」というよりは「死神」ではないかと思われる方もいるかもしれない。が、そこは名優。その陰気さを見事に軽妙なコミカルさで演じ切り、ダークなだけではない魅力を発揮、「しょぼくれ」と呼ばれるのにピッタリな、陰気なだけでなく可愛げのあるキャラクターに仕上げていた。ひたすら陽性の田宮とのギャップが抜群で、二人のやりとりがシリーズの大きな楽しみになっている。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >