楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/20 13:00

大人の恋愛劇を通して描かれる出版業界の現在

オリヴィエ・アサイヤス監督
オリヴィエ・アサイヤス監督

 オリヴィエ・アサイヤス監督の新作『冬時間のパリ』が、12月20日(金)から公開される。テクノロジーの進化がもたらす現代の不安と恐怖を描いた前作『パーソナル・ショッパー』(2016年)とはうって変わり、新作は、二組の中年カップルが織り成す恋愛コメディ。パリの出版業界を舞台に、ジュリエット・ビノシュ、ギョーム・カネ、ヴァンサン・マケーニュら名優たちによって、嘘と秘密に満ちた関係がユーモラスに描かれる。一方、劇中では書籍編集者と作家を中心に書籍のデジタル化をめぐる議論が活発に交わされ、軽妙な対話劇が、笑いと共に不思議な興奮をもたらしてくれる。複雑な恋愛関係と出版業界の変化。斬新な主題設定に驚かされるが、もともと、電子書籍についての映画を作ることから企画が始まり、キャストが決まり脚本が書かれていくうちに自然と恋愛コメディの要素が増えていったという。大人の恋愛劇を通して描かれる出版業界の姿。そこにはたしかに私たちが生きる現在が映されている。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >