楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/21 11:00

『アナ雪2』と『ナウシカ』の一致に見る、「フェミニズム以後の時代」が抱える問題点

『アナ雪2』ではエルサの魔法の力の源が大きなテーマだ ©Getty Images
『アナ雪2』ではエルサの魔法の力の源が大きなテーマだ ©Getty Images

『アナと雪の女王』の社会現象的なヒットから早6年。続編の『アナと雪の女王2』が公開された。

 「全てを解き放て!(Let it go!)」という力強い、フェミニズム的でもあった呼びかけが私たちの心をつかんだ前作の続編は、何を見せてくれるのか、期待に胸をはずませて劇場に足を運んだ。

 しかし、私は何か釈然としない気持ちをかかえたまま劇場を後にしたことを告白せねばならない。エンターテインメントとしてつまらないということではない。『アナ雪2』は、『アナ雪』が積み残した問題から目をそらし、別の解決を提示していないか。悪く言えば真の問題をごまかしたのではないか、と感じられたのだ。


 どういうことか。結論からのべておこう。『アナ雪2』は、確かにもうひとつの「フェミニズム的物語」となっている。それは広い意味でのエコロジカル・フェミニズム(エコフェミニズム)の物語である。

 だが、それは白人中産階級的なフェミニズムの「疚(やま)しさ」を、エコロジーを利用することで解消するものにしかなっていない。前作の『アナ雪』が積み残した問題、つまり女性の「労働」の問題は、再び不問のままなのである。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >