2017/04/18 17:00

渡瀬恒彦の“柔”の魅力がしみるラブストーリー!

1983年作品(97分)/松竹//2800円(税抜)/レンタルあり
1983年作品(97分)/松竹//2800円(税抜)/レンタルあり

 渡瀬恒彦は八〇年代になる頃、所属していた東映だけでなく、松竹や角川など他社の映画作品にも出るようになる。

 それでも当初は東映時代と近い、観ていてヒリヒリしてくるような迫力をまとったイメージの役柄が多かった。

 が、段々と芝居の幅が広がっていく。原田知世を相手に終始デレデレした雰囲気を見せた角川の『愛情物語』に代表されるように、柔和で優しい表情の役柄を演じるようになっていくのである。

 今回取り上げる『時代屋の女房』もまた、そんな一本だ。

 渡瀬が演じるのは、東京の大井町で古道具屋を営む独身の中年男「安さん」。この安さんの元に、ある日ふと謎の美女・真弓(夏目雅子)が現れて店に居ついてしまったところから物語は始まる。名前以外は教えようとしない女と、あえてそれ以上のことは聞こうとしない男の織り成す、不思議なラブストーリーだ。

 とにかく、渡瀬の一挙手一投足が素敵でたまらない。猫を抱いて顔をほころばせるという、東映時代にはなかなかお目にかかれなかった芝居を冒頭から見せてきたことに始まって、従来のイメージを一新する姿を終始展開している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >