楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2020/01/05 17:00

制作期間7年超、作画枚数4万枚超……常識破りのアニメ作品の中見とは?

岩井澤健治監督
岩井澤健治監督

 岩井澤健治さんが初めて監督した長編アニメーション『音楽』(1月11日より全国順次公開)は、去る9月、オタワ国際アニメーション映画祭でグランプリを獲った。2017年の湯浅政明監督『夜は短し歩けよ乙女』に続く快挙だ。『音楽』は大橋裕之さんの同名漫画が原作で、地方都市の不良高校生らがバンドを組みフェスに出場する、というシンプルな物語を、説明的台詞やナレーションなし、手描きアニメーションと人物たちの短い会話、そして何曲ものオリジナル楽曲で見せる。

「大橋さんの『山』を短編アニメーションにしたことがあって、彼の作品と自分はすごく相性がいい、という手応えがありました。ただ、短編アニメーションではなかなか人に見てもらえない。それで、今度は長編を作ろうと」

 7年以上に及ぶ製作期間の大半を、極少数のスタッフと作画に取り組み過ごした。

「絵が好きで、子供の頃は漫画家になりたかった。高校を卒業しデザイン専門学校に入ったのですが、学校で映画製作スタッフの募集を見て、石井輝男監督の現場で働き始めました。怖い人、とも伝えられますが、その頃は晩年で、若い子に囲まれてワイワイやるのが楽しい、という感じで。映画づくりの実際を教わったというより、見るべき古い映画や、食事のマナー、女性のエスコートの仕方を教わりました(笑)。亡くなる前のひと月、僕には時間があったので、病院に毎日通いましたね」

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >