2017/05/06 11:00

映画『昼顔』の上戸彩、そのエロティシズムの本質とは?

©2017フジテレビジョン 東宝 FNS27社
©2017フジテレビジョン 東宝 FNS27社

 もしかしたら、大きなスクリーンでちゃんと上戸彩と出会うのは今回がほとんど初めてかもしれない。いや、2010年代に入ってからだけでも、『おしん』や『武士の献立』といった時代もの、あるいは『テルマエ・ロマエ』シリーズといったドタバタ・コメディなど、上戸彩の出演映画はあるにはあった。でも、現代を舞台にしたシリアスな物語で役を演じる大人になった上戸彩をスクリーンでじっくり見るというのが、妙に新鮮だった。6月10日公開の映画『昼顔』の試写の最中、自分はただただずっと上戸彩の美しさに見惚れていた。いや、もっと正直に言おう。ようやくスクリーンを通してちゃんと出会うことができた31歳・人妻・子アリ(劇中では34歳・バツイチ・子ナシ)の上戸彩は、なんだかもう、とんでもなくエロかった。

 と、そんな下世話(本当にすみません)な書き出しを読んで「え? 3年前のドラマではどっちかっていうと吉瀬美智子の方ががんばってたけど、今回は映画ってこともあって上戸彩もがんばってるの?」と期待した方。残念でした。今回もそういう意味(肌の露出)ではそれほどがんばってません。あと、ドラマではがんばり要員だった吉瀬美智子、今回の映画には出てません。ところで、こうして女優の「脱ぐ/脱がない」について男が書いたりすると、「性差別」や「性の商品化」の文脈で炎上しかねないこのご時勢、言葉遣いには気をつけなくてはいけないのかもしれないけれど、それについてはちょっと書いておきたいことがある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >