2017/05/11 11:00

美空ひばり生誕80年 息子・加藤和也が語る「パジャマ姿の母」

©共同通信社
©共同通信社

 5月29日で生誕80年を迎える“昭和の歌姫”美空ひばりさん。

 この節目に、ひばりさんの息子で、ひばりプロダクション社長の加藤和也さん(46)が「文藝春秋」のインタビューに応じた。幼少期の家族の思い出から、ひばりさんの弟でもある父親への想い、母との最期の日々まで、一人の家族としての「美空ひばり」を赤裸々に語っている。

 外出時は「どの瞬間もイメージを崩してはいけない」という使命感を持っていたというひばりさんだが、家庭人としては「まるで別人」。自宅では「パジャマの人」だったと和也さんは語る。

「すっぴんで、ヘアバンドで髪をまとめて、ガウンを羽織る。常にその格好で過ごしていました。家事はせず、すべてをお手伝いさんに任せている状況でした」

 幼少期から巡業先の楽屋を遊び場に育った和也さん。普通の母親らしいことをしてもらいえないことに、不満はなかったという。

「子どもながらに、母親の仕事がどういったもので、いかに家事を求めることも酷なスケジュールで動いているか、理解していたんだと思います」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >