2017/05/09 16:00

天才棋士・藤井聡太君に将棋以外の趣味を聞いてみた

©文藝春秋
©文藝春秋

 昨年12月のデビュー以来、公式戦16連勝と連勝記録を更新し続けている天才中学生棋士・藤井聡太四段(14)。その強さの秘密を、師匠の杉本昌隆七段は、次のように解説する。

「プレッシャーがかかる局面で、自分の指し手がブレず、常に自信を持ちながらどんな状況でも冷静に指せる。それでいて、“勝負根性”の塊で、負けると大泣きするぐらいの負けず嫌いな性格も勝負師向きです」

 一方でいくら将棋が強いといっても、藤井クンは中学生。厳しい勝負の世界に生きるうえで、将棋以外の息抜きの趣味はあるのだろうか。

「若くして彼ぐらいのレベルであれば将棋以外の趣味を楽しむ時間は全くないでしょう。唯一挙げるとすればラーメン好き。そこだけは子供らしいなと(笑)」(前出・杉本七段)

 藤井四段本人に聞いてみた。

――将棋を離れてリラックスする方法は?

「うーん、普段から根詰めて将棋を勉強することはないんですけど……まあ適度に睡眠を取るようには心がけています」

 藤井四段との一問一答の詳細は、5月10日(水)発売の「週刊文春」5月18日号で報じている。

(「週刊文春」編集部)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >