2017/05/19 17:00

カンヌ映画祭 どうしてネットフリックスの快挙が「白紙」に戻されてしまったのか?

(c)getty
(c)getty

 いまや複数のオンライン動画サイトがしのぎを削る時代。目的に合わせてHuluやNetflix、Amazonプライム・ビデオ、U-NEXT等々を利用している方も、最近は多いかと思います。日本では地上波のチャンネルが、番組のオンデマンドを用意している場合も増えました。

 アメリカではストリーミングサイトが、ドラマや映画といった独自コンテンツを制作しており、それらが高い評価を受けているのが、近年の映像業界の大きな変化でしょう。

Amazonプライムでは「もう自分の映画に出ない」ウディ・アレンがドラマを監督・主演

 元々、アメリカではケーブルテレビが独自に質の良いドラマを制作していました。人気が高くて長期シリーズ化しているHBOの『ゲーム・オブ・スローンズ』(11年~)や、AMCの『ウォーキング・デッド』(10年~)は、日本でも知名度高し。そういった個性的な番組の人気を受けて、アメリカの地上波局であるNBCが、カンヌ映画祭男優賞も受賞しているマッツ・ミケルセンを主演に迎え、『ハンニバル』(13年~)を制作。残酷描写がハンパないのに、簡単に観られるNBCが人喰い博士ハンニバルをドラマ化したのも、「地上波の限界に挑戦」と話題となりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >