2017/05/23 17:00

女優・吉行和子の覚悟の演技に刮目の性愛名作!

1978年作品(106分)/紀伊國屋書店/4,800円(税抜)/レンタルあり
1978年作品(106分)/紀伊國屋書店/4,800円(税抜)/レンタルあり

 先日、吉行和子にインタビューさせていただいた。

 八十歳を超えてもなお、どこか可愛らしいチャーミングさのある方で、飾り気のないおっとりした口ぶりには惹かれるものがあった。一方、その優しい口調とは裏腹に、語られる女優人生は苛烈で、六十年にわたり第一線を生き抜くだけの意志を感じ取ることができた。当初は引っ込み思案だったのが「どうせ長く続かない」という先輩の陰口への反発から続ける決意をしたこと、新しい刺激に駆り立てられて劇団を辞めて前衛劇に向かったこと――「こう」と決めたら絶対にそうするという、強固な魂の持ち主なのだ。

 今回取り上げる『愛の亡霊』への出演も、そうだった。

 当時既に四十歳を超えていた吉行にとって、ヌードシーンを要する激しい濡れ場のある作品、しかも『愛のコリーダ』での猥褻論議でセンセーションを起こしたばかりの大島渚監督作品となれば、本来は難しい選択だったはずだ。が、吉行は迷わなかった。ここに女がいる――台本を読んでそう判断した彼女は出演を即決したという。自身も、年齢がある程度重なるとヒロイン役が来にくくなる当時の映画状況に不満があったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >