2017/05/28 11:00

「拾われた男」松尾諭 #3 「北青山のアパートで同居人のピロートークに悶絶した日」

(c)NHK
(c)NHK

 上京する半年前、家探しも兼ねて初めて東京の地を踏んだのが1999年の夏、大阪でよく遊んだ自称ファッションモデルの杉田を訪ねると、彼は尼崎出身のパンチのある女と北青山のボロいのに家賃12万もするアパートで同棲していた。役者を志し、半年後に上京する旨を伝えると、二人は僕を応援してくれ、三人で一緒に暮らそうと言ってくれた。どこかで聴いた誰かの歌のような展開だと思いきや、数ヶ月後に杉田から連絡があり、彼女と別れて、それまで折半していた家賃の支払いが大変だから少しでも早く上京してくれとの事。予定より早く上京し、予定よりひと月分多く、予定より2万円高い家賃を払うことになり、雀の涙のような貯金は瞬く間に底をついたが、北青山と言うおしゃれな土地に家賃6万というのはとても好条件だった。

 かくして金欠な男二人の共同生活が幕を開ける。杉田はオシャレで楽しい男だった。共通の趣味も多く、彼との生活はちっとも苦にならないはずだったが、ふた月もするとお互いの嫌な部分が見えてくる。杉田は小言を言うようになり、言い返そうにも家を追い出される訳にはいかないのでグッとこらえる。そんな先行きが不安な二人暮らしは、春の訪れとともに終わりを迎える。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >