2017/06/04 07:00

倉本聰 老人ホームは恋の宝庫である #2

『やすらぎの郷』(テレビ朝日系) ©テレビ朝日
『やすらぎの郷』(テレビ朝日系) ©テレビ朝日

死ぬまでにキチンとしたドラマを残したい――。その強い思いから、脚本家・倉本聰氏が9年ぶりに書いた連続ドラマ『やすらぎの郷』(#1参照)。映画・テレビ業界を支えた“業界人”しか入居できない老人ホームを舞台とした本ドラマには、モチーフになった映画があった。
(出典:文藝春秋2017年5月号・全3回)

老人ホームに入ることは、恥ずかしいことではなくなった

 テーマを「老人ホーム」にすることは予(あらかじ)め決めていました。僕の友人も随分いっぱい入っていますし、今回出演する役者の中にも入居中の方がいます。

 実は、このドラマのモチーフにした映画があるんです。フランスのジュリアン・デュヴィヴィエ監督の『旅路の果て』(1939年)。南フランスの養老院に集まった、かつて俳優として脚光を浴びた者たちが、自らの老いを認めず、それ故に悲劇が生まれる、というストーリーの映画です。ここから着想を得ました。

 僕たち世代は老人ホームには暗いイメージを抱きがちです。ところが、最近になって漸く「そうでもないよ」という噂が次第に広まってきた。僕の住んでいる富良野でもここ数年ケアハウスなどの施設が一気に建ちました。有り体にいえば、「老人ホームに入ること」が恥ずかしいことではなくなったのでしょう。老後1人になったら自分から率先して入りますと躊躇(ためら)いなく言える時代が来たわけです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >