2017/06/05 07:00

倉本聰 老人だけが暮らすユートピアを作ろう #3

『やすらぎの郷』(テレビ朝日系) ©テレビ朝日
『やすらぎの郷』(テレビ朝日系) ©テレビ朝日

倉本聰氏が脚本を手掛け、往年の名優たちが多数出演することでも話題のドラマ『やすらぎの郷』。「大人のためのドラマ」を目指し(#1参照)、自ら老人ホームを丹念に取材して作り上げた快作だ(#2参照)。昨年「終活」も行った倉本氏が、いま伝えたい高齢化社会への提言とは――。
(出典:文藝春秋2017年5月号・全3回)

岸信介の「長生きの秘訣3則」

 岸信介が遺した「老後の長生きの秘訣3則」というのがある。これが実に見事で、僕は実践しています。

「転ぶな、風邪を引くな、義理を欠け」

 僕は中でも3番目が最も重要だと思っている。だからもう冠婚葬祭には一切出ないようにしています。よほど親しい人には花を贈るか、弔電を書くくらい。一々金を包んだり、葬式に行っていたら身が持ちませんから。

 近頃、「終活」という言葉が流行っています。実は僕も去年1年間かけて自らの終活を行いました。

 遺言も書きましたし、富良野の地に墓も買いました。我が家の墓は東京の多磨霊園にあるのですが、僕は長年棲んだ富良野を終(つい)の棲家にしたい。だから、妻と2人で入る墓を元気なうちに買ったわけです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >