2017/06/02 17:00

村上虹郎「剣道? 知らねェし」。だが高校生は剣の道に誘われた

 6月3日より全国公開される映画『武曲 MUKOKU』は、剣道に憑かれた2人の男の物語だ。綾野剛さんが演じる、幼少より父から「殺すつもりで立合う」ことを叩き込まれた矢田部研吾は、その呪いのような訓(おし)えに剣の道を見失い、残滓のような日々を送る剣道五段。もう1人はラップの歌詞(リリック)作りに夢中な高校生の羽田融(はだとおる)。あることをきっかけに剣に魅せられていくが剣道は未経験。この融を村上虹郎さんが演じる。

「僕、学生時代に剣道やっていたんです。だから身体にカタが入っているので上達してからの動きはリアルですが、初心者の動きや構えはかえって難しかったです」

 原作は段位四段の藤沢周氏の同名小説だが、単なる剣道と青春の物語ではない。

「原作も読みましたが、禅的な世界に触れながら精神面でも成長することで剣の道を究めていく過程が描かれています。剣道の面白さは若ければ強いわけではないところ。体力勝負かと思いますが、そうじゃないんです。芝居も同じで、年齢を重ねるほど深みがでて、死ぬまで続けることができる。剣道師範・光邑雪峯(みつむらせっぽう)役の柄本明さんは『この作品はスター・ウォーズだ』っておっしゃってました(笑)」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >