2017/06/02 17:00

とっつきやすいイラン映画 『セールスマン』はイヤミス風味

(c) MEMENTOFILMS PRODUCTION–ASGHAR FARHADI PRODUCTION–ARTE FRANCE CINEMA 2016
(c) MEMENTOFILMS PRODUCTION–ASGHAR FARHADI PRODUCTION–ARTE FRANCE CINEMA 2016

 今年のアカデミー賞では、イラン人女優のタラネ・アリドゥスティが、アカデミー賞授賞式をボイコットしたのも記憶に新しいかと思います。彼女がアメリカに招かれていたのは、アカデミー賞外国語映画賞部門で、主演作『セールスマン』(16年)がノミネートされていたためでした。しかしタラネ・アリドゥスティはTwitterで、ドナルド・トランプ米国大統領が、一時的にイスラム国家7ヵ国からの移民制限や、イスラム教徒の多い国の出身者へ、ビザ発給を禁止する発令を行ったことに対し、人種差別であると非難しました。そして授賞式をボイコット。同作の監督のアスガー・ファルハディも、やはり抗議として欠席しました。

日本で知られている「映画祭向け映画」だけがイラン映画じゃない!

 その『セールスマン』は見事、外国語映画賞受賞という栄冠を得ました。この映画、じつはとてもよく出来たミステリーなのです。アスガー・ファルハディがアカデミー賞でこの賞を手にするのは、11年の『別離』以来2度目。まだ40代半ばですが、ミステリーと緻密な心理描写を得意とし、娯楽と芸術性のバランスの良さで、アカデミー賞だけでなく、カンヌやベルリンの国際映画祭でも評価の高い、いま世界的に第一線を走る監督です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >