2017/07/09 17:00

映画監督ウディ・アレン インタビュー――おかしな妄想とわが映画人生

ウディ・アレン 2016年カンヌ国際映画祭にて ©getty
ウディ・アレン 2016年カンヌ国際映画祭にて ©getty

 最新作『カフェ・ソサエティ』が公開中の映画監督、ウディ・アレン。歳を重ねても映画を作り続け、「憎らしいほどにかっこよく枯れて来た」男は「仕事が生き甲斐」と繰り返す。80歳当時のアレンが映画に対する想いを語ったインタビュー。

誕生会は不純で不気味――死の扉と隣り合わせに生きてきた

ウディ・アレン 八十歳になり、自分に何が起こるかほとんど分かるようになって来た。耄碌することを憂えるのではなく、どこかで期待している節もあるんだ。そして、出来れば眠ったままで死にたいと思ってる。

――

 一九三五年十二月一日生まれ。八十歳になるウディ・アレンは、今年四月初めのニューヨーク、マンハッタンでの撮影現場でしれっと言ってのけた。

 アマゾンのプライム会員向けに米・英・独で配信される初めてのテレビシリーズは監督、主演も兼ねているため、渋い緑色の上着に茶色のコーデュロイのズボンに帽子という六〇年代後半風の衣装をまとっている。少しばかりよれよれの衣装が、却っておしゃれな老人の雰囲気を醸し出している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >