2017/07/01 07:00

黒柳徹子が語る、昭和のテレビのとっておき秘話 #1

©iStock.com
©iStock.com

黒柳徹子さんが語る昭和のテレビの話。若き日の現場から共演者とのエピソード、紅白司会の話など、とっておきのお話を伺った。
(出典:文藝春秋2016年1月号)

女優になったきっかけは“人形劇”

 二〇一五年は戦後七十年という節目の年でした。私のように長年、放送の仕事に携わってきた者にとって、実はもう一つの節目でもありました。NHKが日本でラジオ放送を始めて九十年を迎えたのです。その記念すべき年に、私は文化功労者に選んでいただきました。記者会見では「テレビを文化だと認めてもらえたと思うと本当にうれしい」と話しましたが、あれは準備していたコメントではなく、本当にスッと口から出た実感でした。

 私は“テレビ女優第一号”と言われるように、テレビ放送が始まった一九五三年にNHKに入りました。ちょうど二十歳の頃です。

 それから六十二年間、ずっとテレビにかかわってきましたが、この仕事に携わるようになるのは、特別な目標があったわけではなく、実は偶然の積み重ねでした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >