2017/06/25 11:00

斎藤工「タブーかもしれない関係性を上質に」――阿川佐和子のこの人に会いたい(前編)

©文藝春秋
©文藝春秋

3年前、ドラマ版『昼顔』で大ブレイクを果たした斎藤さんが映画版の同作に帰ってきた。自分には武器がないと悩んだ時期の葛藤から、映画への愛の深さゆえに自らが監督することになったいきさつもうかがいました。

◆ ◆ ◆

上戸(彩)さん演じる線路上のシーンだけでも映画『昼顔』は成立するんじゃないかと思う。

阿川 いまは映画『昼顔』のプロモーションでお忙しい時期ですか?

斎藤 いえいえ。阿川さんこそ、週刊文春もあれば『サワコの朝』もあって、毎回ゲストを招かれるので、その方の作品をご覧になられたりで大変じゃないですか。

阿川 なんたるお気遣い。恐れ入ります(笑)。ちょうど先日は『サワコの朝』で、俳優の森山未來さんにお目にかかったんですけど、斎藤さんは同世代くらい?

斎藤 彼は少し下ですけど、やはり同じ世代の俳優仲間とは、なんか連帯意識があるんですよ。同世代の役者って減っていきますから。

阿川 減っていく? どうして?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >