2017/09/23 17:00

磯村勇斗が語る「ひよっこ」有村架純との撮影現場

©榎本麻美/文藝春秋
©榎本麻美/文藝春秋

 NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』。茨城県から東京に働きに出てきた谷田部みね子(有村架純)は、赤坂の洋食屋「すずふり亭」で働き始めることになった。そんなみね子の近くで共に成長していくのが、見習いコックの前田秀俊だ。修業に精を出す彼を演じるのは注目の若手俳優、磯村勇斗さん。

 撮影現場の裏話、共演者との関わりから、中高時代や憧れの俳優の話までを語ってもらった。(この記事は6月26日に公開したものです)

弟キャラなんですよね、僕も秀俊も

――いよいよ「すずふり亭」にみね子が入ってきて、見習いコック・前田秀俊の出演も増えてきました。

磯村 秀俊は真面目で、料理に対して熱心な青年というのが第一印象でした。回を重ねると、先輩と絡むシーンが増えてきて、上下関係を分かりつつも先輩をいじることもできる、弟キャラな一面も見えてきました。真面目だけれど、やんちゃな雰囲気があると思います。

――磯村さん自身と重なる部分はありますか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >

おすすめキャンペーン