2017/06/25 07:00

死ぬほど笑えてなぜか泣けた「先生のモノマネ」――てれびのスキマ「テレビ健康診断」

ダウンタウン ©共同通信社
ダウンタウン ©共同通信社

 世の中でいちばん面白いものは「内輪受け」だ。

 自分の子供の学芸会はどんな映画よりも視線は釘付けになるし、友達の失敗談は、洗練された漫才よりもスベらない。学生時代なら、先生のモノマネ上手が、至芸の持ち主として人気者になる。

 だったら、そんな「先生のモノマネ」という内輪芸を、プロのモノマネ芸人がやったらどうなるか。それを検証したのが『水曜日のダウンタウン』での「先生のモノマネ、プロがやったら死ぬほど子供にウケる説」だ。神奈月、エハラマサヒロ、ホリといった一流のモノマネ芸人が、本人、生徒や同僚へ取材し、実際の授業風景も見学。一人ひとりの特徴を掴んでいく。少し見ただけで、「この人は語尾があがる」だとか、言い回しのクセをすぐに見破ってしまうのは流石。プロの現場だ。

 いよいよ本番。芸人登場直後こそ戸惑っていた生徒たちだが、先生の口癖を発した瞬間、教室が揺れるような爆笑。その後、別の先生に扮した芸人たちも出てくると、悲鳴にも似た笑いまで起こった。まさに「死ぬほど」ウケたのだ。中には笑いすぎて号泣してしまう生徒も。それを見ている僕も、なんだか青春時代の残滓のようなものが刺激されてか、謎の涙が出てくる。モノマネ芸人たちも充実感いっぱい。先生も生徒たちも笑顔に包まれた。この番組らしからぬ、まさかの「ハートフル」な企画に着地したのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >